ヒートショック・オーバーシュート特掃最前線!!

ヒートショックの原因と対策

ヒートショックとは

ヒートショック(浴槽死・入浴死)とは、急激な温度の変化によって体がダメージを受けることです。
年間にヒートショックが原因で亡くなる人は推定1万人以上。これは、交通事故の死者より多いとよく比較されます。それにしても驚きの数字です。
また、ヒートショックは高齢者が自宅で亡くなる原因の4分の1をも占めているとも言われています。家族を守るためにも、家でできるヒートショック対策予防を、この機会におすすめします。

冬季の入浴は要注意

私たちの体は、暖かい場所から寒い場所へ移動すると、熱を逃がさないよう血管が収縮し血圧は上昇します。逆のケースでは血管が拡張して血圧が低下します。
こうした変化は急激であればあるほど、体が受けるダメージも大きくなります。血管がもろくなったお年寄りや、高血圧症や心肺の慢性疾患を持った方は、特に注意が必要です。
日常生活でヒートショックが起こる代表的なケースは、冬季の入浴です。
裸になって寒い浴室に入ると血圧が上昇し「脳出血」の危険が生じます。また、ゆったりと湯舟に浸かっていると血圧が低下し、さらに発汗作用で水分が失われ「脳梗塞」や「心筋梗塞」の危険が生じます。
浴槽内であれば溺死などの事故につながりかねませんので注意をしてください。
このようなヒートショックの発生メカニズムを知り、ご家族と共に入浴死や入浴事故を未然に防ぎましょう。

ヒートショックを起こしやすい方

・65歳以上の高齢者(ヒートショック予備軍といわれています)
・高血圧・糖尿病・動脈硬化の持病がある
・お風呂・洗面所脱衣所・トイレが寒い家
・肥満気味
・一番風呂に入ることが多い
・熱めのお風呂を好む
・お風呂は首までお湯に浸かる

ヒートショックの予防と対策

・洗面脱衣所・トイレに暖房器具を置いて、部屋ごとの温度差を小さくする
・お湯を溜めた浴槽にふたをしないでおくか、シャワーなどで浴室をあたためておく
・つめたい床に直に触れないため、マット等を敷く
・お風呂の温度は38〜40℃のぬるめに設定する
・気温が高い明るいうちにお風呂に入る
・いきなり熱いお湯に入らない
・食後すぐや空腹時にお風呂に入らない
・肩までつからず、体への負担が少ない半身浴にする
・ヒートショックを起こしやすい人がお風呂に入っている時は、家族が声掛けをする

オーバーシュートの原因と対策

オーバーシュートとは

トイレでのヒートショック(オーバーシュート)もお気をつけください。
寒い冬に高齢者がトイレで、脳卒中や心筋梗塞を起こす割合は、突然死の約5%を占めており、また心臓系の死(主に心筋梗塞)の約8%がトイレで排便中と言われていますので、トイレでの急死(ヒートショック)は、あなどれません。
これらは、トイレでいきむ事が原因であったり(オーバーシュート)、立ち上がった時など、血圧や心拍の急激な変化等が脳卒中や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。
高齢者では、動脈硬化が進んでいる人も多く、便秘気味のである人が多いことも要因の一つです。
さらに寒いトイレでは、ヒートショックの危険性はさらに高まります。

オーバーシュートの予防と対策

・ウォームレット便座に交換するか便座カバーを使う
・日頃から、便通を整えておく
・トイレに暖房器具を置く
お見積もり、ご相談、お困りになったら特掃最前線へ!24時間電話受付 0120-756-302 (なごむそうじ)まで。携帯電話、PHSからもご利用いただけます。
提供するのは「心の整理のお手伝い」特掃最前線3つの特長
入室できるまでの初期特殊清掃、特掃最前線のなごむパック75,600円
遺品整理、不要品の積み込み廃棄処理のお得なパック19,800円〜
特殊清掃
特掃最前線拠点一覧
特掃最前線運営本部 株式会社トラスト
▲ 岡崎本社
〒444-0903
愛知県岡崎市東大友町字並木側13番地1

地図をGoogle mapで見る

特掃最前線運営本部
〒460-0008
名古屋市中区栄2丁目7番13号
ヴィア白川4F
このページのTOPに戻る