火災現場清掃の要である焼け焦げ臭の脱臭について解説いたします。徹底的な対策が必要な臭気なのです。特掃最前線!!

火災現場の焼け焦げ臭について

火事・火災の災害復旧工事に着手する前にご相談下さい。

貴社でスケルトン後、劇的に変わる「スス除去消臭工事」も請負います。

脱臭の本番は「高濃度オゾン脱臭工事」で問題のない数値レベルまで脱臭します。

焼け焦げ臭は徹底対策が必要

火事や火災で発生する焼け焦げ臭は、臭気の中でもかなり閾値[いきち]の低い臭気に分類されます。

(閾値[いきち]とは、何のにおいか分からなくても何かにおいを感知できる最小濃度)

つまり、焼け焦げた物質やススが少し残留しているだけでも、何かにおいがあることが分かってしまう為、徹底的な対策が必要な臭気なのです。特に女性の場合強く感じられます。

消臭剤を吹きかけるだけなんて、焼け石に水。

焼け焦げ臭気の成分の特徴や、下地材に染みついている臭気があることをよく理解した上で脱臭する必要があります。
焼け焦げ臭は徹底対策が必要

焼け焦げ臭の成分

火災現場の臭いの中には、有害な化学物質も多く含まれております。
たとえば、ホルムアルデヒドです。

このホルムアルデヒドは、クロスや床材、家具などの接着剤などに使用されてきたものですが、今ではシックハウスの原因物質の一つとされ、国で0.08ppm以下に抑えるように規制されている物質です。

火災現場では、これらの物質が空中に放出され、あちこちの天井や壁面、残った家財や建材にくっついた状態になっています。 有害物質は空気の流れや気温の変化によって、離れたり、くっついたりするため、徐々に人体に取り入れられ、頭痛や目の痛みの原因になっていきます。

さらに火災の際に怖いのが、ベトナム戦争で枯葉剤として使用されたダイオキシンが、大量に発生している可能性があることです。ダイオキシンは、塩化ビニールを低温で燃焼させた場合に多く発生します。その毒性は、青酸カリの1000倍、2gで死に至ると言われ、大変怖い物質です。

このような有害化学物質は、焼け焦げた部屋だけでなく家中に広がっておりますので、家全体をオゾンで燻蒸し、ホルムアルデヒドやダイオキシンをしっかり分解することが必要となります。

他にも下記のような成分が含まれており、これら成分は自然分解がなかなか進まない物が多く、通常の換気対策では2〜3年間の期間が必要です。

<焼け焦げ臭に含まれる主な成分>
フルフリルアルデヒドプロピオンアルデヒドn-ブチルアルデヒドn-バレルアルデヒド
トルエンペンタンプロパンベンゼン
1-ペンテン塩化水素ヘキサンイソペンタン

スケルトン状態へ

壁や天井に染みこんだ火事や火災の焼け焦げ臭は、空間に漂う焼け焦げ臭の数百万倍です。

この染みこんだ臭気の対策は非常に困難で、換気をいくら行っても換気を停止するとすぐに室内に臭気が充満してしまいます。

その為、汚染された内装材を撤去し、スケルトン状態にするのが最短で確実な方法といえます。

コンクリート面や柱・梁・束・野地板などに付着したススや焼け焦げ後は、出来る限りクリーニングを掛けて除去します。

サンダーやワイヤーブラシを使用して除去しますが、弊社においては特殊な薬剤を使用してススの除去工事をいたしております。
内装材を撤去し、スケルトン状態に

染み込んだ焼け焦げ臭

スケルトン状態にして、ススを除去しても、天井裏やコンクリートには火事や火災の焼け焦げ臭が染みこんでいます。

そこで効果的なのがオゾンガスです。オゾンガスは市販の消臭剤とは異なり、染みこんだ臭気を強力に酸化分解し低減化します。

さらに、オゾンでは反応しにくい臭気には、業務用の超高分子薬液を使用し低減します。

臭気の強さにもよりますが、火災後の焼け焦げ臭除去には、3〜5日間の期間が必要です。
火災臭・火事臭を徹底的に脱臭
お見積もり、ご相談、お困りになったら特掃最前線へ!24時間電話受付 0120-756-302 (なごむそうじ)まで。携帯電話、PHSからもご利用いただけます。
提供するのは「心の整理のお手伝い」特掃最前線3つの特長
入室できるまでの初期特殊清掃、特掃最前線のなごむパック75,600円
遺品整理、不要品の積み込み廃棄処理のお得なパック19,800円〜
火災現場清掃
特掃最前線拠点一覧
特掃最前線運営本部 株式会社トラスト
▲ 岡崎本社
〒444-0903
愛知県岡崎市東大友町字並木側13番地1

地図をGoogle mapで見る

特掃最前線運営本部
〒460-0008
名古屋市中区栄2丁目7番13号
ヴィア白川4F
このページのTOPに戻る